ニキビ跡を治す方法 にきび跡を治す方法 赤み クレーター 薬 シミ 化粧水

ニキビ跡の症状と原因

ニキビ跡の症状と原因ニキビ跡の症状は非常に治りにくいと言われています。


それは主に赤二キビ・赤ら顔・クレーター・しこり・ケロイド・毛穴開きなどの症状をおこしてしまうからです。


ニキビ跡の改善方法や治療方法は、化粧品・パック・洗顔・サプリメント・ピーリング・レーザーで綺麗にする機械等いろいろあります。


原因を考えることで、ニキビ跡は改善方法がわかってきます。

[スポンサーリンク]


ニキビ跡を治すには、ニキビを防止すればよいのですが、すでにニキビ跡がある状態の場合は原因を知り、初期の段階で正しい方法で対処していけば、ニキビ跡の改善度合いも変わります。放置するより、改善しようとする気持ちは大切です。


ニキビ跡の原因は、まず二キビ跡を切り傷に例えると理解しやすいです。


鋭い刃物できれいに切った傷と、皮膚をかなり複雑に切った傷では、傷の治る速度や傷跡がきれいに治るか治らないかに差が出き、また、傷の深さによっても傷跡が残る、残らないに差が出ます。


浅い傷の場合、バンドエイドや包帯で傷を保護する程度で傷跡は残らず数日間できれいに治ります。


しかし、繰り返し同じ場所に傷がつくと次第に傷が深くなり、皮膚深部の組織を壊すため治った後に、でこぼこ、シコリ、ケロイドなどの生涯の傷跡になります。


それが二キビ跡です。二キビが同じ部分に繰り返しできれば、皮膚深部分の組織が複雑に壊され、結果的に二キビ跡になってしまいます。


ニキビ跡は、食生活や生活習慣を見直すことで、改善されたり、防止することもできます。


あなたも一度ご自分の生活を見直してみてはいかかでしょうか?



クレーターはなぜできる?

クレーターはニキビ跡の中で特に治りにくいと言われています。


クレーターとは、デコボコのニキビ跡の事です。


肌がデコボコしてしまうと、メイクでもカバーしきれずにかなり目立ってしまいます。


ニキビの程度は、化膿の度合いによって左右されます。


化膿が進むと、ニキビがどんどん大きくなってしまい皮膚へ与えるダメージも大きくなり、クレーターへとなってしまうのです。


ニキビ跡をクレーターにしない予防としては、ニキビを早い段階で治療し、治す事です。


ニキビができてしまった場合、黒ずむ前のニキビを白い段階で、対策をとる事で、クレーターを防ぐ事ができます。


ケアが遅れる事によって、ニキビがクレーター化してしまうので、ニキビができたら放っておかない事が重要です。


クレーターの治療法は様々ですが、ニキビがクレーターになってしまうと、通常のニキビと違って化粧品だけではなかなか治りづらいです。


やはり、皮膚科や美容クリニックに行くのが最も良いと思います。


一般的な治療法では、ケミカルピーリングやレザー照射、フォトフェイシャル、イントラセル、フォトRF、FGFなどがあります。


しかし、クレーターの治療は完治するまでにかなりの時間がかかってしまいます。


個人差にもよりますが、数年単位はかかるようです。


また、数年単位での治療なのでその分の費用もかなりかかります。


クレーターの治療には、根気と費用が必要です。


しかし、どんなに身なりやメイクを整えていても、肌がデコボコしてしまっていると、不清潔に見られてしまい相手にあまり良い印象を与えられないので、根気よく治療する事をお勧めします。

ニキビ跡による色素沈着

ニキビ跡による色素沈着ニキビ跡による色素沈着とは、ニキビ跡に黒ずみや紫色のシミなどができる事ですが、このシミを取るのはなかなか難しいといわれています。


美白美容液を毎日使い治療する事も可能ですが、症状によって効果の有無があり、一概には修復可能だといいきれません。


茶色いシミができてしまった人は、メラニン色素が原因なので美容液での治療は効果があるでしょう。


しかし、黒色や紫色のシミができてしまった場合はヘモグロビンが原因なので、美容液での治療は難しいです。


この場合では、レーザーやピーリングで治療するのが効果的です。


しかし、レーザーやピーリングで必ず治るという保証はないので、色素沈着で悩む前にニキビは早めの治療が最も重要となります。


また、完治に時間がかかるので、長く治療を続ける根気が必要です。


また、色素沈着はメイクでカバーする事もできますが、コンシーラーやファンデーションを塗り込むと毛穴が呼吸できなくなってしまい、さらにニキビ跡が悪化してしまう恐れがあるので、メイクでカバーするだけでなく、美容液を使用したり、専門の病院へ行き根元から治療した方が良いです。


ファンデーションを使用する際は、リキッドタイプのファンデーションではなく、パウダーにした方が毛穴が呼吸しやすくなります。


ニキビは一つできただけで悪化してしまうと、クレーターになったり、色素沈着してしまいます。


思春期ニキビは放っておいても治りやすいですが、大人ニキビは治りにくく治療にも時間がかかります。

なんでできるの?顔ニキビ...

なんでできるの?顔ニキビ...ニキビ跡とはニキビできた後に、赤みがシミのように残ったり肌の表面が凸凹になってしまうことです。


この赤みや凸凹は改善するのに時間がかかったり、一生跡が残ってしまうのでニキビで悩む人達の一番の悩みの種です。


ニキビの赤みは炎症によって傷付いた皮膚を修復するために新生された組織が見えていえる状態です。


跡の赤みは通常3~6ヶ月で消えますが、紫外線を浴びて色素沈着が起こるとシミになって跡が残ってしまいます。


ニキビ跡の凸凹については、凹は炎症によって真皮が傷付きへこんでしまっている状態で、凸はニキビが治る時に中に膿が残ったまま傷口が塞がってしまうとできてしまいます。


ニキビ跡が凸凹に跡が残ってしまうと病院や美容外科で専門の治療を繰り返し受けないと改善は難しいと言われています。


ニキビ跡にならないようにするためには、ニキビを作らないようにする、ニキビができてしまっても早期治療することが大切です。


また、ニキビはできる場所によって原因があるそうです。


顔の眉毛から眉間、鼻筋にかけてのTゾーンは皮脂腺が発達しやすく、皮脂の分泌の多い部分です。


ホルモンバランスが安定しない10代やオイリー肌の体質の人に多く、過剰な皮脂の分泌によって毛穴が目詰まりしてしまう事が原因です。


Tゾーンにニキビのできやすい人は洗顔時にTゾーンの2度洗いや、こまめに油取り紙で皮脂を拭き取る、皮脂が増えやすい甘いものを控えるなどの対策を取りましょう。


額のニキビはアダルトニキビよりも思春期ニキビに多い傾向があり、思春期のホルモンバランスの乱れや前髪の毛先やシャンプーの洗い残しが刺激となりニキビの原因になると言われています。


額にニキビができやすい時は前髪を短めに切ったり、前髪を上げて額に毛先が当たらないように工夫するなどすると額のニキビを予防することができます。


洗髪時も洗い方は丁寧でも、意外とすすぎが適当に済ませてしまう方が多いようです。


洗髪時にシャンプーの洗い残しが無いように、洗う時間よりもすすぎの時間を長くして入念に洗剤を洗い流すように注意しましょう。

[スポンサーリンク]

ニキビ跡の治療法

ニキビ跡の治療法ニキビぐらいで病院に行くなんて、と思っている人は多いようですが、成人してからできたニキビは思春期ニキビと違って治りにくく、放っておくと、ニキビ跡として残ってしまったり、クーデターになってしまうことがあります。


たかがニキビでも、早めに皮膚科に行くことをお勧めします。


また、ニキビ跡になってしまった場合皮膚科に行くと、外用薬が処方されます。


ニキビ跡の治療法で用いられる外用薬は大きく分類すると、抗生物質、ビタミン剤、角質剥離剤の3種類があります。


ニキビ跡の治療法で用いられる外用薬の抗生物質は、クリームタイプよりもローションタイプのものが効果が大きいようです。


また、抗生物質といってもさまざまな種類がありますが、中でもダラシンという抗生物質が特に効果が高いといわれており、多くの症状に用いられています。


ニキビの跡の治療法で用いられる外用薬のビタミン剤では、ビタミンC誘導体ローションが代表的です。


ビタミンC誘導体ローションは、ニキビ跡のできる原因となる色素沈着を改善し、皮脂分泌の抑制や炎症の抑制をする効果があり、ニキビのできにくい肌をつくり上げるのに効果が大きいようです。


ニキビの跡の治療法で用いられる外用薬の角質剥離剤は、表皮の角質を取り除いて毛穴の詰まりを改善し、乾燥を促す効果があります。


しかし、角質剥離剤は皮膚のバリア機能が低下するという副作用が出る場合もあるので、注意して利用するようにしましょう。


また、ニキビ跡の治療薬として、ケロコートという薬があります。


ケロコートを使ったニキビ跡の治療方法は、1日1回、ケロコートをニキビ跡に塗るだけでよいので大変簡単です。


ケロコートは、当初は医療用としてだけ使われてきましたが、最近では一般にも販売されるようになり、一般の方にも手軽に入手できるようになってきています。


ケロコートをニキビ跡に塗ると、肌の上に目に見えない層を形成してくれます。


ケロコートを使用することで、毛穴や肌を清潔に保ち、肌の表面が滑らかに形成されて丈夫な肌になるという効果があります。


また、にきび跡のデコボコが驚くほど綺麗に消えてしまいます。


ケロコートは、バクテリアを通さない壁を形成して、過度の免疫系反応を防ぎ、ニキビ跡を消す効果のある治療薬なのです。


ケロコートは、3種類のシリコンからできており、薬剤は含まれていません。


3種類のシリコンが目に見えない膜でニキビ跡を包み、肌呼吸を妨げずに治療を促進し、ニキビ跡を自然な肌状態へと回復させてくれます。


ケロコートは、ニキビ跡を消す効果が高い上に、皮膚機能に影響を与える添加物を一切含まない治療薬なので、安心して使用できます。



ニキビのできやすい肌を改善する

ニキビのできやすい肌を改善する
ニキビ跡を消すためにはさまざまな治療法があります。


しかし、まずそもそもニキビのできやすい肌を改善しなければ、治療してもまたニキビができてしまうでしょう。


ニキビ跡を消すのにまずしなければいけないのが、ニキビのできにくい肌を作ることです。


まずは、毎日のスキンケアです。


ニキビ跡化粧水口コミランキングで一位のビーグレンという化粧品は、美容液(Cセラム)は独自の浸透技術でピュアビタミンCを肌まで浸透させるのでニキビ跡のケアにはオススメです。


ピュアビタミンCがコラーゲンの生成を促し、ニキビ跡を徐々に修復していきます。


また、その他スキンケアの注意点として、クレンジングや保湿ゲル・乳液は必ずオイルフリーのものを使いましょう。


洗顔の際に顔をゴシゴシこすり過ぎると、角質層を落してしまいますので注意して下さい。


さらに、メイクについては、ファンデの厚塗りは肌にダメージを与えるため避けた方がいいでしょう。


リキッドファンデにはオイルが豊富に含んでいるものもあるので、購入前によく注意して下さい。


原則、刺激の強いメイクは避けた方がいいです。


シミなど隠したい部分がある場合、コンシーラでカバーし、あとはポイントメイクだけにするとよいでしょう。


また、ニキビができやすくなる食べ物と、ニキビができにくくなる食べ物があります。


スナック菓子、チョコレート、スパイス類、レトルト食品、コーヒー、酒、カレー、ナッツ類はニキビができやすくなる食べ物です。


ニキビができにくくなる食べ物はヨーグルト、野菜や果物、豚肉、アセロラ系やアミノ酸入りドリンク、ゴマ、大豆類です。


こういった食べ物にも気を配ることで、ニキビのできにくい肌にすることができます。


また、他にはストレスを溜めすぎない、睡眠をよくとるといったことも肌にとても良い影響を与えてくれます。


少し意識を変えるだけなので、とても簡単ですが、継続しなければ意味がありません。根気強く頑張りましょう。

ニキビ跡に効果的なケミカルピーリング

大人ニキビは、思春期ニキビと違って治りづらく、またニキビ跡になりやすくなります。


ニキビ跡を治すには、さまざまな治療法があります。


その中でもよく知られているのが、ケミカルピーリング治療です。


ケミカルピーリングのケミカルとは化学という意味で、ピーリングとは表面を削るという意味です。


化学的な物質を用いてニキビ跡がある皮膚の角質層を削りとり、肌の状態を若返らせるニキビ跡の治療法です。


新陳代謝が悪くなった角質をはがして肌の再生を促し、新しい肌を再生させます。


ケミカルピーリングによるニキビ跡の治療方法は、フルーツ酸と呼ばれるタイプの弱い酸を用いた方法で、普通の日常生活を送りながらニキビ跡の治療を行うことができます。


ケミカルピーリングに使われる酸はとても弱い酸なので、肌が傷つくことはありませんが、治療回数を重ねることが必要になります。


また、角質層を削るので、紫外線の作用が皮膚に強く出やすくなります。


日焼け止めをしっかりと塗り直射日光をさけるように注意しなければなりません。


ケミカルピーリングは、ニキビ跡の治療のほかにも、シミ、くすみ、小じわなどの治療にも効果的な方法です。


ケミカルピーリングは、ニキビの跡の周辺の皮膚を真皮まで除去して、真皮のコラーゲンの生成を促し、肌に弾力を与えることができるのでニキビ跡のデコボコを改善することができます。


また、角質細胞の一部を除去することによって、肌の表皮のターンオーバーを促すこともできるので、これによって肌の表皮内にできた赤みや色素沈着を改善することもできます。

ニキビ跡を諦める前に…

ニキビ跡を諦める前に…さまざまな化粧品を試したのにニキビ跡が全く消えない、と言う人は多いと思いますが、ビーグレンという化粧品をご存じですか?


今までの化粧品では効果がなかったのに、ビーグレンは効果あったという人たちが続出しているため、今大変人気な商品のようです。


では、なぜビーグレンはニキビ跡に効果があるのでしょうか?


簡単に言うとビーグレンは、ターンオーバーの促進と炎症を抑える効果に優れているためです。


また、天然のビタミンCの美白力もポイントです。


ビーグレンは成分を浸透させることに関して国際特許を取得しているということが、他の化粧品との絶対的な違いです。


他の化粧品会社が真似をしたくても出来ないということがいえます。


また、ニキビ跡がなかなか消えないというのは、かなり悩みが深いことと思いますが、ビーグレンで肌を改善させる効果は、


1.肌に刺激を与えない洗顔
(ターンオーバーの促進)


2.タミンCをしっかり肌に浸透
(にきび跡・色素沈着を漂白・改善、ターンオーバーの正常化、皮脂の抑制)


3.新たなニキビの発生を抑える
(ハーブで殺菌・炎症を抑える)


この3つの手順で、新たなニキビ跡の原因を取り除き、今現在ある肌の凸凹や色素沈着をケア、ターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)を促進してニキビ跡を解消するというわけです。


さらに、ビタミンC美容液のCセラムこそがビーグレンを代表する美容液で、天然のビタミンCを肌に浸透させる技術を他社が持っていないため、使った人の評価が高いのです。


ビタミンCの美白効果はどこの会社も知っているのですが、肌に届けるのが難しく、技術の進歩によって生まれたのがCセラムといえます。


ニキビ跡になる人は、ニキビが出来やすい可能性が高いため放置しておくと肌を改善するどころかニキビ跡のぶつぶつが今よりも増えることにもなりかねません。


ニキビ予防とターンオーバーを同時に考える必要があるのです。

顔ニキビとオイリー肌

ニキビ跡とはニキビできた後に、赤みがシミのように残ったり肌の表面が凸凹になってしまうことです。


この赤みや凸凹は改善するのに時間がかかったり、一生跡が残ってしまうのでニキビで悩む人達の一番の悩みの種です。


ニキビの赤みは炎症によって傷付いた皮膚を修復するために新生された組織が見えていえる状態です。


跡の赤みは通常3~6ヶ月で消えますが、紫外線を浴びて色素沈着が起こるとシミになって跡が残ってしまいます。


ニキビ跡の凸凹については、凹は炎症によって真皮が傷付きへこんでしまっている状態で、凸はニキビが治る時に中に膿が残ったまま傷口が塞がってしまうとできてしまいます。


ニキビ跡が凸凹に跡が残ってしまうと病院や美容外科で専門の治療を繰り返し受けないと改善は難しいと言われています。


ニキビ跡にならないようにするためには、ニキビを作らないようにする、ニキビができてしまっても早期治療することが大切です。

また、ニキビはできる場所によって原因があるそうです。

顔の眉毛から眉間、鼻筋にかけてのTゾーンは皮脂腺が発達しやすく、皮脂の分泌の多い部分です。


ホルモンバランスが安定しない10代やオイリー肌の体質の人に多く、過剰な皮脂の分泌によって毛穴が目詰まりしてしまう事が原因です。


Tゾーンにニキビのできやすい人は洗顔時にTゾーンの2度洗いや、こまめに油取り紙で皮脂を拭き取る、皮脂が増えやすい甘いものを控えるなどの対策を取りましょう。


額のニキビはアダルトニキビよりも思春期ニキビに多い傾向があり、思春期のホルモンバランスの乱れや前髪の毛先やシャンプーの洗い残しが刺激となりニキビの原因になると言われています。


額にニキビができやすい時は前髪を短めに切ったり、前髪を上げて額に毛先が当たらないように工夫するなどすると額のニキビを予防することができます。


洗髪時も洗い方は丁寧でも、意外とすすぎが適当に済ませてしまう方が多いようです。


洗髪時にシャンプーの洗い残しが無いように、洗う時間よりもすすぎの時間を長くして入念に洗剤を洗い流すように注意しましょう。

ニキビ跡の美容液を選ぶポイント

ニキビ跡を治す美容液というものは、種類がたくさんありすぎて、どれを選んだら良いのか分からないと思っている人は多いと思います。


効果があるまで、色々なものを使い続けるというのも一つの手ではあると思いますが、それだと時間も費用もかかります。


なるべく一つに絞りたいと思います。そこで、ニキビ跡の美容液を選ぶポイントを紹介します。


まず、ビタミンC誘導体は、ニキビの予防効果はもちろん、その優れた美白効果でニキビ跡の黒ずみ、色素沈着を改善させることで有名です。


また、肌の保護成分として、コラーゲン生成を促進させ、痛んだ肌を内側から修復する効果があります。


このようにニキビ跡の改善には、なくてはならないのが、このビタミンCです。


しかし、そのビタミンC美容液も、どれでもいいというわけではなく、かえって症状を悪化させてしまうものもあるのです。


ビタミンC美容液をしっかり使っているのに、なかなか症状が改善せず、新しいニキビができてしまっている、という経験は今までありませんでしたか?


高濃度のビタミンCが入った美容液は、ニキビ跡の改善のために欠かせないスキンケアアイテムですが、ほとんどの製品は、肌の表面だけに貼付されるだけで、深層部まで浸透できないものが多いようです。


ビタミンCは、肌の深層部に入ってこそ効果が発揮できるのです。

表面に付けただけでは、全く意味がありません。


そこで今、絶大な人気を誇るのが、ビーグレンという美容液です。


ビーグレンの美容液クリームは、浸透力で、他社製品に比べて、圧倒的な実験結果が出ています。


これは、癌の治療薬にも使われる医療レベルの浸透テクノロジーをすべての有効成分に施し、研究を続けた成果だそうです。


口コミサイトでも、効果があったという声が圧倒的に多いようです。


今、美容液選びに悩んでいる人は、是非一度使ってみてはいかがですか?

エステで治る?ニキビ跡

ニキビやデコボコのニキビ跡が自己ケアでも改善しないのであれば、エステに行くことをおすすめします。


そのエステの中で今注目を集めているのが、メディカルエステシーズ・ラボだそうです。


シーズ・ラボは、ドクターシーラボという化粧品を開発したシロノクリニックが運営し、 エステと医療が融合した結果重視のメディカルエステといわれています。


メディカルエステとは、医師のバックアップ体制によってさまざまな施術が行われるので、 通常のエステサロンと比較すると、結果を確実に実感することができます。


また、アフターフォローを含めたクリニックとの連携による総合的な管理体制で、 より安心してさまざまなケアを受けることができます。


では、なぜ今このメディカルエステシーズ・ラボが注目を集めているのでしょうか?


それは、皮膚科医が開発した10種類以上のピーリング剤を肌質によって使い分け、 ニキビの原因である毛穴の詰まりを取り除き、肌のターンオーバーを促進してくれるからです。


また、12年という実績と経験から安全、安心性もあります。


さらに、ニキビを潰すことなく消失させていくので、ニキビ跡のデコボコが残る心配はなく、ニキビの原因から改善していくので、ニキビができにくい肌へ変えてくれます。


また、施術後から化粧も可能で、日常生活に影響がでることはありません。


他のエステでは効果がなかった方や、ニキビが治りにくい体質の方、デコボのクレーター状になってしまったニキビ跡、 繰り返しニキビが発生してしまう方なども、シーズ・ラボは10000症例以上の実績で、肌に悩みを抱える多くの方に喜ばれる結果をだし続けてきていることも人気の理由のようです。

ニキビ跡レーザー治療

成人してからできるニキビは、思春期ニキビと違って、
治りにくくニキビ跡も残りやすくなってしまいます。


ニキビ跡を治すにはさまざまな治療法がありますが、その治療法の中のレーザー治療について説明します。


レーザー治療とは、さまざまな波長のレーザー光線をニキビに照射することにより、皮膚を平らにし、ニキビやニキビ跡を目立たなくさせる治療法です。


まず、レーザー治療を始める前に、肌の調子やニキビ跡などの患部の状況を見て、肌がレーザー治療に耐えられるかどうかを判断します。


レーザー治療の前に、まず肌にレーザーの浸透力を高めるジェルを塗布して、レーザーをテスト照射します。


レーザーのテスト照射でレーザーの波長や強さ、治療回数、治療間隔、外用薬併用の有無などを確認します。


テスト照射で問題がなければレーザーを照射します。


レーザーの照射時は、目を痛めないようにアイマスクなどで目を保護しておきます。


レーザー治療が終わったらアイマスクをはずし、ジェルなどをきれいに拭き取ります。


レーザー治療は日帰りで手軽に受けられるニキビ跡の治療法です。


レーザー治療のメリットは、レーザーによるニキビ跡の治療法は照射を行うだけなので、皮膚を切ったり縫ったりすることがないため、出血したり傷跡が残ることはありません。


医療用レーザーは人工光線なので、紫外線やX線と異なり、人体に対する副作用がないというメリットがあります。


最近では、クリームの塗布による麻酔や、冷凍麻酔などの方法が開発されたため、痛みも軽減されているので、痛みが少ないという点でもメリットがあります。


レーザー治療のデメリットはあまりありません。


しいてデメリットを挙げるとすれば、治療が数回必要になるという点、まれに光に過敏でレーザー治療が合わない人がいるという点だけです。


メリットの多い、レーザー治療は今最も注目を集めているようです。

ニキビ跡を治療する病院を探すコツ

ニキビ跡の治療 病院を探すコツニキビを放っておくと、ニキビ跡として残ってしまいます。


ニキビ跡はなかなか治りづらく、根気強く治療しなければならないと言われています。


ニキビ跡を治療するにはさまざまな方法があります。


一番効果的に治療するには、費用はかかりますが、やはり整形外科や皮膚科で治療するのが良いでしょう。


また、整形外科や皮膚科はかなりの数があります。


例えば、インターネットで東京の皮膚科と検索すると膨大の数の皮膚科が出てきます。


そこで、整形外科や皮膚科を探すコツですが、皮膚科や整形外科は通院しなければいけないので、やはり自宅から近いに越したことはありません。


しかし、いくら自宅に近いからといっても、そこの皮膚科や整形外科に良いドクターや医者がいなければ、せっかく多額な費用をかけているのに無駄になってしまいます。


最近では、皮膚科や整形外科が数多くあることから、正しく治療しないドクターや医者、ニキビ治療で行ったのに、違う治療までさせられ多額な費用を請求された、というトラブルも少なくありません。


そのようなトラブルを避けるためにも、一番有効なのが、インターネットの口コミで調べることです。


自宅近くの皮膚科や整形外科を検索すると、そこの皮膚科や整形外科の口コミが出てくることがあります。


口コミは実際に行った人が赤裸々に書き込んでいるものなので、大変参考になるでしょう。


また、口コミランキングというのもあり、口コミの良い評価が多い順番でランキング形式になっています。


ランキングの上位に行く程、実際に行った人が良いと判断した数が多いので、そういった所に行けば間違いなさそうです。

[スポンサーリンク]

共有・ブックマーク









このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP